つながること

こんばんは

縄文人です

画像







梅原猛さんの哲学の本を読んでいます



感心したのは

人間はその人個人で終わりではないということ


デカルトは

「われ思う故に我あり」としたものですが

自分で完結するものでもない


日本の思想にはつながりの考え方があります


縄文人もご先祖や両親、兄弟からの流れで存在する

また自然や社会とかかわっている

そしてそれらは次のジェネレーションや世界につながっていく


その人だけで完結するわけではない


心を大きく持てる考え方だと思いました





この記事へのコメント

HAL2001
2019年03月29日 08:32
ランニングのイラスト。元気そうですね。
本「かがみの孤城」(辻村深月)は人とのつながりの話でした。
アニメ「トイ・ストーリー」も主人公のオモチャ達が次の世代へ
つながっていきます。人は心の奥底に、つながろうとする心を持っている
のかも知れませんね。
2019年03月30日 01:24
☆ハル様☆
人はつながろうとする動物である・・・
真理のようです
人間関係や仕事や趣味から命・社会・歴史・宇宙まで
自分だけの閉じた世界ではないから面白いと思いました^^
2019年03月31日 06:42
むずかしい!
2019年03月31日 20:56
☆セイジ様☆
自分は世界・自然の一部ってことで^^
2019年04月02日 20:49
?????今回は哲学的でのほほんと生きている私にとっては難しい!ただ昔からご先祖様の遺伝子を受け継いで生きているという感覚は少しですがありますね。それより私にとっては田舎のお墓参りが大切で・・・・・。
2019年04月05日 08:37
☆ハギー様☆
ご先祖様への思いは大切だと思います
2019年04月10日 20:13
父が他界してから私は法要などもあり、それまでは信心深くもなかったけど、仏壇に手を合わせたり、両親の双方の先祖のお墓参りなどをするようになりました。そして、父が他界したあと、別に関係ないといえば関係ないかもしれないけど、旅行ついでに京都の同じ宗派の仏教のお寺巡りをひとりでしてきました。まだほかにもあるのだろうけど、また行ってみたいと思います。
横レスですが「かがみの孤城」私も読みました。ぐいぐい引き込まれてしまいました。おすすめです。
2019年04月28日 10:34
⭐かおるこ様⭐
先祖あっての自分ですかねえ
日本人には元来先祖を敬う考え方があります
世界共通ですかねえ
本能でしょうね

この記事へのトラックバック