今日の日記

こんばんは

縄文人です

昨夜はハルさんのプロポ、優勝祝い

ブルクリンパーラーで

おいしいビールで祝杯をあげました

建築にすごい情熱のあるハルさん

その資料がプロポ優勝に貢献


縄文人は建築3割、囲碁7割の男

もちろん建築も大好きですが

いやな部分も知ってしまって

大変な仕事という認識です


囲碁は理想だけ見つめてて

きれいな世界観

まあアマチュアだからできることで

もし金儲けがからんだらこうは行かないっすよねえ


今日の一日

朝ごはんは

コーヒーと小さなケーキ

減量を意識


太極拳で体幹を鍛える

かなり下半身に効いてます

IMG_3985.JPG

IMG_3986.JPG

お昼

家族で

ハローていう老舗の

喫茶店で

カレーとコーヒー

ランチは油物だったのでエスケープ


それにしてもここのコーヒーはおいしい

自家焙煎なのでスッキリ


そしてお昼寝

超爆睡



起きたー


晩御飯

ブチろうさんからいただいた

活きた車海老

IMG_3987.JPG

IMG_3988.JPG

活きずくり食べた


ブチうまい

たまらずビール


そして卵かけご飯と納豆


太鼓さんと弥生ちゃんは出かけてるので

個食でした

最近太ってきての巻

118373416674316304064.gif

こんにちは

縄文人です

最近、

五キロくらい太ってしまいました

母の介護で夏から帰省してましたが

母の好物は

うなぎ

ローストビーフ

縄文人も一緒にたくさん食べてたからかなあ

んで

ズボンのホックがとまらないくらいお腹が出てしまいました

ジムにもなかなか行けない状況がありました


ジムにまた週3回位行ける感じにはなってきましたが

身体が重くて動きが悪い

疲れがひどい


内臓脂肪を減らすヨーグルトを食べ始めましたが

すぐには効果が出ないですねえ


なんか本気で減量に取り組まないといけないですよ

と言って今日は親友とビール飲みに行く・・・


明日はジムに行こうっと

定年後のイメージについての巻

JOGGIF.gif


こんばんは

縄文人です


60歳で定年までカウントダウンはじまりました

65歳からしか年金は出ませんから

それまで働いて収入を得ないことには困ります


定年後の収入は4~6割になるのが一般的です

収入は今の半分になるのです

まあやる気になれば就職活動をして今と同じ位をキープするといのも可能なのですが・・・

なかなか難しいと思います

先輩で親友のハルさんに相談しましたが

年金生活になればよくても毎月20万位

これに慣れていくしかないよとのことでした

職場は自分がやりやすいとこがいいよとのこと


同級生からは知ってる人がいる職場がいいよとのことでした


60からもシャカリキに働くってどうなんですかねえ?

まあ自分を高く評価して採用してくれるとこがあっての話ですが


60~65歳までは年金出ないけど自分で何とかしろという政府


かなり、いや、非常に厳しい~~~~~!!!!

恐怖心を感じますねえ


介護とかの問題も新たに出ましたしねえ



ファイナンシャルプランナーにも相談してますが

収入の範囲で納めてできたら貯金をとまあ当然と言えば当然

そのためには生きがいも楽しみも二の次の経済的な数字のことしか言われないんですよね

趣味も習い事も運動も外食も全部やめろ~~~

ってまあ冷静に考えるとそうなりますよねえ

経済はシビアにロジカルに決まってきますからねえ


半分の収入で半分の支出というのを本気で考えるしかないんですよねえ


相当な、いや死ぬ気でやらないと成功しないと思います!


定年後のイメージについての巻

JOGGIF.gif


こんばんは

縄文人です


60歳で定年までカウントダウンはじまりました

65歳からしか年金は出ませんから

それまで働いて収入を得ないことには困ります


定年後の収入は4~6割になるのが一般的です

収入は今の半分になるのです

まあやる気になれば就職活動をして今と同じ位をキープするといのも可能なのですが・・・

なかなか難しいと思います

先輩で親友のハルさんに相談しましたが

年金生活になればよくても毎月20万位

これに慣れていくしかないよとのことでした

職場は自分がやりやすいとこがいいよとのこと


同級生からは知ってる人がいる職場がいいよとのことでした


60からもシャカリキに働くってどうなんですかねえ?

まあ自分を高く評価して採用してくれるとこがあっての話ですが


60~65歳までは年金出ないけど自分で何とかしろという政府


かなり、いや、非常に厳しい~~~~~!!!!

恐怖心を感じますねえ


介護とかの問題も新たに出ましたしねえ



ファイナンシャルプランナーにも相談してますが

収入の範囲で納めてできたら貯金をとまあ当然と言えば当然

そのためには生きがいも楽しみも二の次の経済的な数字のことしか言われないんですよね

趣味も習い事も運動も外食も全部やめろ~~~

ってまあ冷静に考えるとそうなりますよねえ

経済はシビアにロジカルに決まってきますからねえ


半分の収入で半分の支出というのを本気で考えるしかないんですよねえ


相当な、いや死ぬ気でやらないと成功しないと思います!


ケアプランの始動!

191129

こんにちは

縄文人です

母の介護保険のケアプランがケアマネさんから提案されました


実家に関係者が集まりケアマネさんから母の心身の状況

通院、投薬、家族の介護の心配事等の説明がありました


結構、母と妹と私はバラバラ話していた内容を簡潔かつ的確に

捉えられていてさすがと思いました



ケアプラン


住宅の手摺りとかの補助具の取付

デイケアによるリハビリを週2回

訪問介護による投薬指導と心身の状況確認を週1回

ヘルパーさんによるゴミ捨て、風呂掃除、掃除等を週1回


4つの事業者さんと契約を取り交わしました


12月から介護保険によるサポートが始まりました

結構、毎日詰まりました


一週間のメリハリが出てよさそうです


母が自立して生活できる体制が整い、妹と私はかなり安心しました


元来社交的で活発な母

書道や俳句の趣味

シルバー人材センターのお手伝いは

何とか以前のようにできるように体力が戻っています


独居老人には介護保険は助かる制度


ありがたいです



IMG_3931.JPG

ケアプランの打ち合わせ

191105
母は要介護1に認定された

要支援1でもよいので何とか認められるよう祈っていたので

驚いた

主治医の先生の診断書がよかったのか

僕のアピールがよかったのか

何とか希望が見えてきた

今日はケアマネージャーの来訪があった

今からケアプランを作成するのである

50代くらいの元看護士の女性の方


かかりつけの医院が通所のリストにあったので

ここは母は慣れているので違和感なく行ってくれるだろうと

デイケアをお願いした

投薬であるが三カ所の医院にかかっているので

毎日確実に飲むのが難しいとアピールした

看護師による訪問看護を検討しましょうということになった

定期的に医療スタッフに診てもらえるのは心強い限りだ


ここで妹が話し出した

「デイサービスも利用させてください!」

僕は母が施設には行かないと言い張っていたのであきらめていたところだ

とにかくお試しで

最初は嫌がっても案外、そこの主になる人も多いからと母を説得していく

とりあえず近所の施設でお試しをすることになった


そして妹はゴミ出しや買い物が難しいこともアピール

ヘルパーさんの利用を考えましょうということになった

僕は女性の視点も大事だなあと感心した


午後からは福祉用具の業者さん二社と手すりや風呂の用具の打ち合わせをした

ケアマネさんも立ち会ってくれた

後者の方がきめ細かく提案してくれていた

見積もりが出てきたらどちらにするか検討することにした


介護については妹と頑張ってきたが

介護保険を利用することでプロの支援が受けられる

体制を整えられそうで

安心しかなり気が楽になった


135394397015513226631[1].gif

前田智洋 活動20周年ライブ!

IMG_3856.JPG

よおっ!

と気さくに迎えてくれた

前田智洋


ゴダンにギターでメロウな世界を紡ぎ出す

景色がどんどん広がる音楽だ


今夜は、活動20周年の記念ライブ


パートナーは

何と

ジャズ ビブラフォンの

山本玲子


確かな技術でオルゴールのような優しい演奏

時にスリリング

すっかりファンになってしまい

今回2度目だ


前田智洋の情感豊かな楽曲

と心のこもった演奏

それを山本玲子のビブラフォンが彩る


なんか癒された〜〜〜〜

みんなそう叫ぶ



娘が26歳の誕生日とつげると

お二人でハピバスデーツーユーの

演奏をプレゼントしてくださった


温かい心に触れたライブだった

介護認定

191017

母の介護認定が認められた

10月7日に市の高齢福祉課の方のヒアリングから

10日だった

要支援1でも何とかならないものかと祈っていた

結果は要介護1だった

10月30日にケアマネの方と打ち合わせすることになった

ケアプランの作成に入っていくのである

しっかり要望をまとめておきたい

ヨガをした^^

こんばんは

縄文人です

2ヶ月半ぶりにヨガのレッスンを受けました

Wインストラクターのヨガをして

その後Mインストラクターのランプ(ステップボードを使った有酸素&筋トレ)に出ようと思っていたのだが

1時間のヨガでヘトヘトになってしまった

このヨガは副交感神経をよくしレラックス効果が主眼と思っていたが

実はかなりの筋トレだった

決して早い動きはないが

呼吸・柔軟性・筋肉を整える

ちょっとゆるいかなあと思っていたのは大間違いだった

毎週水曜日はこのヨガレッスンに出ることにする

大好きなMインストラクター

ごめんなさい

118260323708216330590[1].gif

Mインストラクターのこと

こんばんは

縄文人です

今日はジムで

ズンバダンスとストレッチをしました

いずれもMインストラクターです

Mインストラクターはとてもおしゃれで

いつも素敵です

ノリノリの踊りでみんなを楽しくさせてくれます

生徒さん同士の掛け合いの部分も面白いです

みんなが一体化した感じがサイコーです

そして有酸素運動とダンスで心身リフレッシュ



終わってからストレッチも教わりました

筋肉を伸ばして疲れが取れました

身体の仕組みもよく研究されています


ハロウィンにはお仮装して

マイケルジャクソンの

スリラーをして踊ります

これも楽しみ^^


yoga070804[1].gif

バレーボール男子について

バレーボール男子の世界選手権が開催されている

若いチームだが強豪に4連勝

今日はさすがに世界1位のブラジルに負けてしまった

しかし1セットをもぎとり健闘されていた

選手は技術力は今回すばらしいが

メンタル面がすごいなあと思う

バレーボールの場合、相手からのスパイクやサーブで

攻められ失敗し

得点を取られてしまう

でも選手はすぐ切り替えて次の自分たちのチャンスに挑戦していく

一瞬、くやしがるが

すぐ切り替えて次の場面に集中しているのだ

顔をみていると感情に流されず

冷静に相手に向かっていっている

縄文人も

過去にこだわりうじうじするが

これは治さないいけないなと思う次第だ

若いスポーツマンから学ぶべきことは多い

それと今回の台風被害の方々を励まそうと言う気持ち

個人の枠を超えて社会的に動こうとしている

すばらしいなあと思った


122761318112616206488.gif

定年について思う

先日59歳になりました

来年60歳

還暦です

そして職場が定年です

しかし65歳から年金は支給されず

そこまでの5年間は働かないといけません

60歳定年?

なぜ65歳定年にしないのかな

これは年金の支給を65歳まで繰り下げた

国の政策戦略ですね

年金の財源を節約しているんですね

実際問題、個人には5年間の負担がきます

60歳で隠居できないのです

働き続けるしかない

問題は収入ですが

一般的に再雇用では40%~50%になると言われていて

実際そうみたいです


今の生活を半分以下にサイズダウンしないと収支が合わなくなります

あと一年半でその方法を実行に移さないといけません


それと今の職場の再任用を受けるか

他に替わるか悩ましいです


今のところにいるのが楽だなと思うし

今と比較して60%はお給料がいただけるようです

それと正職員という身分です


でも、通勤に一時間以上

パワハラ、いじめ、クレーマーの横行

(心身にダメージ受けますねえ)

心を割って話せる同僚ができてない

僕の役割だった大型プロジェクトが完了する


というようなとこで

他への転職の方が得策と考え始めています


仲間のいる古巣に戻りたい・・・

問題は収入が半分になること

正職員ではなくなること、多分


仲間の大切さはほんとよく知っている自分です

しかし収入も収支をしっかり見据えないと

ロジカルにはっきり結果が出るところです


114719083315716795.gif


介護保険の市役所の調査

191007

母の介護保険の認定を申請している

先日のケアマネージャーさんのヒアリングに続いて

市役所の方が調査に実家に来られた

母のことについて

主に生活の自立度について

住宅の段差のこと

買い物ができているかのこと

介護スタッフ(僕と妹)の状況

認知症の程度の聞き取りとテスト

実際の床での寝返りをしている様子の観察


僕は

母が自転車に乗れなくなり

病院の通院やリハビリに困っていること


脊柱狭窄症のため足腰に痛みがあり歩行が困難なこと

物忘れがひどいこと等

を強くアピールした

また家には手すりや浴室の補助用具

シャワーチェア・浴槽のかさ上げスノコがいることなど訴えた


母は人前ではしっかりして見える

いやしっかり振舞ってしまう

「なんか一般のかたよりお若く見えますねえ。」

ほんとは今、ごろごろしてて回復途上なんだけどなあ・・・


大体、現在、介護保険は財源が厳しくなっているから

できるだけ認定しない

認定に該当しそうでもできるだけ低いランクとする

ということらしい


今回、実態や困っていることを市役所の方に率直に伝えるよう心がけた

母の強気は高齢者は大概そうであるらしい


妹と母の介護をしていて一番苦心しているのが

投薬である

ケアマネージャーさんによると薬剤師さんのサポートがもらえるとのこと

それと手すり等の設置


何とか認定を受けて自宅での自立した生活を

続ける整備をしたく

介護保険を利用させていただきたい


138649308155058075227.gif

アビイロード50周年記念盤

IMG_3828.JPG

アビイロード50周年記念盤

全ての音を分解掃除し現代の録音技術でフレッシュアップされていた

B面のメドレーの当初案が分かった

完成案の方が意外性があって断然面白いね



このアルバム、

大好きで

擦り切れるまで聴き込んだ


孤独から救ってくれた

夢が広がった




どうもありがとー

G様に向かって

今度の10月1日で59歳

還暦まであと1年となった

60歳からはG様ライフが始まるのだ

現在男性81歳が平均寿命
あと22年である

後期高齢に入る75歳までは16年
否応なしにこれからどう生きるか考えてしまうのである


65歳から年金支給であるから、あと6年は働かなければならないのは必然

70歳がまでは働く?

年金受給を繰り下げ42%の増額で少しはゆとりのある隠居生活を送りたいと考えたりする

60歳から70歳まで働ける場所があればよいなあ

本気で探さなければなあ

認知症の薬

190923

レビー小大型認知症の予防薬の、アリセプトは3mgを2週間飲んで様子を見た後、5mgになった。特に副作用もなく安心した。

熱中症のきつさはやっと抜けたようで、家事でごそごそ動き回ることができるようになった。

ほんとにホッとした。

このまま、寝たきりになるのではないかと本気で心配した。

とにかく食べてもらうことを妹と連携して頑張った。

必死だった。

朝鮮人参エキスは昔からある民間療法だが必ず効果があると信じた。

今日は、保険や年金等の書類について母は話してきた。記憶が飛ぶ前にやっておいた方がよいとは思ったいた。

経済的には余裕はなくやはり年金頼りの生活を強いられていることが分かった。

認知症の症状は明らかに見られた。

さっきやったことを忘れてしまったりする。緊張感なくやった行動は忘れやすい。

母も認知症の自覚が出て来て、メモをしっかり取っておこうと言い出した。

薬は飲み忘れのないように妹がカレンダー形のホルダーに並べている。

他人から管理してもらわないと忘れてしまうのだ。

家のみ中の段差や廊下には手摺が必要だと思うし、母も要ると自覚している。

誰しも、老病死は否応なく進行することは避けられない運命である。


ケアマネージャーのヒアリング

190913
ケアマネージャーの来訪があった。
母の介護認定のためのヒアリングである。
元医療センターの看護士だそうだ。
いつもえらいと寝ている母がこういううときはシャキっとなる。
大体の高齢者がいつもより元気そうに振舞うらしい。
介護認定が受けられるかどうか。
母の場合、要支援1になるかどうか。
見た目、しっかりしているとのことだ。
しかし、物忘れ、勘違い、幻覚症状等は明らかにある。
この一か月、寝込んでしまって足腰がすっかり弱っている。
元々、脊椎間狭窄症で足腰に痛みがあり長時間歩けない持病もある。
僕も福祉住環境コーディネーターなので福祉用具等の予備知識はある。
手すり、風呂のシャワーチェア、浴槽内のかさ上げのすのこ、風呂の縁取り付け手すり等
認定されれば1割負担で設置可能とのことだった。
母の前ではあったが幻覚時の異常行動とか包み隠さず伝えた。
母も知って置いた方がよいとも思った。
医師の意見書を書いてもらうための調査票を渡された。
気付いたことは欄外でもどんどん書くように言われれた。
来年度から介護保険の権限が県から市に降りてくるので予算的に認定は難しい方向に動いており
今はその試行段階だそうだ。
病院のデイケアのリハビリは母の慣れた医院が使えるそうで
これは是非とも利用したいところだ。

検査結果

9月4日
この日の医療センターの検査には
妹が連れ添ってくれた
RI検査、ラジオアイソトープだ。
僕は病院の設計で経験があったので大体の雰囲気は分かった。
造影剤を注射して5時間後にCT撮影された。
脳神経内科クリニックに母と妹はその画像を見せにいった。
「レビー小体型認知症です。」
医師の診断がくだされた。
僕はまさかとは思っていたが大変驚くとともに狼狽した。
思い起こせば
その病気の特徴にあてはまることが多かった。
幻視がある。
物忘れや見当違いがある。
気持ちが落ち込むことがあり鬱のような時がある。
便秘に困っている。
どうも間違いないようだ。
母は翌日からレビーの進行を遅らす薬を飲むことになった。
アリセプト3mgから開始し
二週間後から5mgに増やす。
薬に敏感なことから様子をみながらである。
脳神経内科の先生より介護保険の利用を促される。
妹と話して、早速、包括支援センターの方に自宅にきてもらうことにした。
熱中症が治ればと思っていたが
レビーの出現で僕ら兄妹は介護の道に進まなければならなくなった。
それにしても休みなしで疲労困憊してきてる。
介護する側に元気がなくなると言うのはまずいと思う。

気になること

8月26日
気になったので脳神経内科で
脳のMRIを取ってもらうことにした。
脳梗塞とかになっていはしないかと心配だった。
介護の経験のある親友から熱中症の裏に別の病気が隠れてるかも
しれないから注意してというアドバイスもあった。
最近、物忘れや見当違いが間間あるので、まさかとは思うが
認知症の検査もお願いした。
脳には隠れ脳梗塞があるものの三年前から左程の変化はないということだった。
幻覚のようなものが見えていること、黒い虫だが、
その場に居合わせて幻視と確認できたのは一回だが
母はそれから何度か虫や蛇を見たと言っている。
幻覚が出やすいかどうかの検査では
10枚中7枚に人の顔が見えて通常の2,3枚より多いと指摘された。
「レビー症の可能性があるかもしれません。」
医療センターのRI検査を手配された。
脳の中のドーパミンの量を調べるそうだ。
ドーパミンが減るとパーキンソン病になるリスクもあるとのことだった。

異常なし

8月17日
光山医院に母を連れていった。
主治医の内科の先生だ。
心電図、胸のレントゲンの検査をされる。
「前に血液検査もしたけど悪いとこはないねえ。」
僕は母の状態は非常に悪いと思っていた。
「先生、入院さして治療してください。」
「このぐらいじゃったら施設じゃねえ。病院には入れんよ。」
母はこういうう時は背筋を立ててきっぱり言う。
「私は施設には行きません。」
自宅で妹と看護を続けるしかなくなった。
毎週、帰省するしかないのだ。
職場に相談すると、介護休暇というのが
5日間取れるとのことだったので助かった。