ポール ! 再発見!

最近

ポール・マッカートニーのリマスター盤を

聞き直しています。

レコードは持っているんですがCDじゃないと聴けないんです。



ポールはジェットという曲が

洋楽で一番最初に買ったEPで

擦り切れるまで聴きました。

以来、ポールはぼくの中の英雄。

ビートルズが解散して

もっとすごい音楽を聴かせてくれると期待して

応援していました。

奥様のリンダさんをバンドに引き込んで

Wingsを結成。

バンドで創意工夫することで音楽のレベルを

上げるという発想でした。

ビートルズを超える・・・

元々、ポールはビートルズなので

超える必要などなかったと思います。

40年前、期待外れだと思って聴いた

マッカートニーという解散後、

すぐのアルバム、今聴くと、

1人でこれだけのものを作ったのかという驚きを隠せません。


ポールの凄さは音楽に対する情熱が桁外れで

音楽性に加えてその演奏力、歌唱力もすごいこと。

まさにアーティストです。

画像


画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス

この記事へのコメント

2014年12月22日 21:33
こんばんは。
ほう~、なるほど^^
その時によって聴く側の感覚が変わったんでしょうかね~。
でも、そういうのわかる気がします。
2014年12月23日 13:05
⭐️なつ猫様⭐️
40年ぶりにアルバムを聴いてみると
違ったものに聴こえました。
距離を置いて見れた感じです。
ポールは若かったのですがなかなか
渋い音楽をやっていたんだと。
今なら分かりました。
ハギー
2014年12月24日 21:54
正直申しまして私はレノン派でしたが(笑)今は偏見も無くありがたく聞かせて頂いております。確かに歳をとると聞き方も変わってきますよね。いつまでも長生きしてほしいですね!
2014年12月24日 22:27
☆ハギー様☆
ジョンも詩人的な芸術家ですねえ。
解散から1980年までの間にたくさんの名曲を生み出しています。
カリスマですね。
ポールは最近元気を取り戻して
レジェンドですねえ。
リンダさんへの愛の詰まった名曲が多いです。
ジョンは大都会ニューヨークへ、ポールはイングランドの牧場へ^^
張り合っていた時もあるようです。
2014年12月24日 22:50
千葉に有る「bay fm」と言う放送局で
毎週日曜日の夜に小林 克也さんが
「ビートルズから始まる。」と言う番組をやっています。
毎週ビートルズに関する話をしています
もぅ随分と長く続いている番組なんですよ
2014年12月25日 22:53
☆ゴクウ様☆
それはビートルズファンにはたまらんですねえ。
小林克也さんといのもいいですねえ♪

この記事へのトラックバック