避難所でのコロナ感染対策

みなさま

お元気でお過ごしでしょうか?

コロナ嵐で大変ですが、

自分でできる最善をつくしてこの危機を乗り越えましょう。


6月から9月は梅雨と台風で災害リスクが高まり、避難所がどうなるか関心事です。


以下はハルさんからの情報提供です。



避難所ダンボール間仕切り.jpg


今、コロナ対策と並行してやるべきなのでこの段ボールの囲いとベッドはよく考えられていますねえ。

ダンボール間仕切り改良版

①高さ1.4m(看護師が具合の悪い人を外から見つけられる高さにした)

②ベッド部の頭の囲い(飛沫を防ぐ。夜明かりが点いても寝れる。昼間明るくても寝れる)

③ベッド高さ30~40cm(床に飛んだ飛沫は歩く事で20cm舞い上がる。⇒床に雑魚寝だと感染する)


庁舎が新しくなりました( ^ω^ )

みなさん

こんにちは

コロナ禍の中

ご苦労様です



新庁舎が連休明けから開庁しました


元の庁舎は50年以上経ち

耐震的に危険でした

39C00696-BA3A-4E3A-894D-B47F8D787222.jpeg

トイレも汲み取り式で狭くて汚かったです

そしてバリアフリーになっていない


住民の方々に不自由な思いをさせていました



新庁舎は五十年の計

首長の悲願でした


616AE9D0-2519-47C0-8262-46B0883D0D77.jpeg

住民説明は全ての地区で行われ理解を求めました

プロポーザルから6年


縄文人も設計を通じて頑張らせていただきました


今はホッとしています


基本図や家具のレイアウトでは作図を一種懸命やらせていただきました

みなさんが満足するようなものではないかもしてませんが

首長や住民のみなさまに喜んで頂けるよう描き続けました


実はプロポーザルが一番大変だったかもしれません

いろんな方に助けていただきました


みなさんが心配していた水害、

今、排水機場や河川堤防の嵩上げが進んでいますが

早く完成してほしいです


新庁舎はエレベーターもありバイアフリー

トイレもウォシュレットで

住民様には使いよくなったと思います


職員も朝、掃除を自主的に始めたり意識が変わっています

業務にも張り合いが出てきているようです


100年使う庁舎!

これをきっかけに町が繁栄することを祈念いたします

生活様式の変容・・・囲碁

こんにちは

縄文人です


縄文人の一番の趣味は囲碁です

3度の飯と同じくらい大好きです^^

新型コロナ感染拡大でどうなったか・・・


碁会所が閉鎖されたりつぶれたりしています

対面しての対局は

密接・密着にあたり非常に危険です



縄文人の先生

豆腐の角先生は

兵庫の方なので

元々、レッスンはネットとSkypeでやってもらってたので

ここは大きな変化はありません


大会で鍛えたり指導碁を受ける碁会所が

アウトになったのはショックでした


若い人が集まる「博多囲碁広場」が閉じてしまいました


これを契機にネット碁が主流というか

それしかないことになりそうです

ネット碁.jpg


縄文人は

日本棋院が運営するネット碁の

「幽玄の間」を

主戦場にしてましたから

そこは変化はありません


そこでのプロの先生方の指導碁が急増してるのには

驚きました

普通、プロの指導は5,000円が相場ですが

2,750円で打ってもらえます


値崩れもおきているようです


1.ネット碁は棋譜が残るので後で見直せるという利点があります

2.またわざわざ出かけなくてもよいとこ

3.場所に関係なく打てること


囲碁はネットで自宅で楽しむ方向性に行きそうです

先日、「たくのむ」を使った交流会もありました

その辺で刺激し合いながら勉強していくことになりそうです


生活様式の変容・・・消毒

こんばんは

縄文人です

今日は子供の日ですが

周りに子供がいないので

特にお祝いはなしでした


新型コロナウイルス感染拡大のためのポイント

消毒

施設やお店に入る時は手指消毒用のアルコールが置いてあります

このアルコール消毒液

薬局では在庫切れで手に入りにくい状況です



そこで一肌脱いだのが

博多の老舗酒蔵の

百年蔵さん

S__104742914.jpg

65%のアルコールを提供してくださいました

あまびえ

これは疫病を退治してくれる

半人半魚の妖怪の名前だそうです

コロナ収束の願いをこめて

お守りシールが貼ってありました

S__104742916.jpg

縄文人は運よく入手できましたがすぐに売るきれたようです



時代劇で消毒で焼酎を口に含んで傷口を消毒する場面をみたことありますが

アルコール高濃度のお酒は消毒になるようのは本当だったのですね

生活の変容・・・運動

こんばんは

縄文人です

新型コロナウイルスにとる緊急事態宣言が5月31日まで延長されました


生活の仕方がまったく変わってしまいましたねえ

人と接触を80%減少させる

リアルの人の交流がまったくできなくなりました

仕事、買い物、通院だけ避けがたいということです



縄文人は体力には自信がなく

以前はジムで体力維持に努めていました


今はジムも閉鎖

退会を余儀なくされました


そこで自主トレをしています


柔軟体操の真向法

これは日本式柔軟体操です

22657.jpg


これを15分間やります



そしてZUMBA

これは有酸素運動です

ラテンの音楽に合わせて楽しく踊れば

自然に心肺機能の強化

柔軟性

筋力

がつきます

危機にさらされ続けていますから

音楽に合わせて身体を動かすことは気分転換にはいいようです

22658.jpg

Indoreさんという方のyoutubeを観てやります


これを45分間

背中と額に汗がにじみます

このときVAAMを補給して脂肪を落とすこともしています


ジムには毎週5000円払ってプロのインストラクターさんに指導を受けて

みんなで盛り上がって楽しく鍛えていましたが

今は孤独な作業となっています


縄文人の場合、運動を毎日しないと調子が出ないので必須メニューです

ただ仕事で肉体労働した時は休んで調整しています


みなさま、健康維持、頑張りましょう!