避難所でのコロナ感染対策

みなさま

お元気でお過ごしでしょうか?

コロナ嵐で大変ですが、

自分でできる最善をつくしてこの危機を乗り越えましょう。


6月から9月は梅雨と台風で災害リスクが高まり、避難所がどうなるか関心事です。


以下はハルさんからの情報提供です。



避難所ダンボール間仕切り.jpg


今、コロナ対策と並行してやるべきなのでこの段ボールの囲いとベッドはよく考えられていますねえ。

ダンボール間仕切り改良版

①高さ1.4m(看護師が具合の悪い人を外から見つけられる高さにした)

②ベッド部の頭の囲い(飛沫を防ぐ。夜明かりが点いても寝れる。昼間明るくても寝れる)

③ベッド高さ30~40cm(床に飛んだ飛沫は歩く事で20cm舞い上がる。⇒床に雑魚寝だと感染する)


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

ハギー
2020年05月31日 06:39
この時期に何かしら災害が起きたら大変ですよね。避難場所ってどうしても密になりますし。最近関東では小さな地震が多発していますので怖いですよ。早くワクチン開発してもらえませんかね?
縄文人
2020年05月31日 11:28
⭐️ハギー様⭐️
コロナ禍に災害が重なるとすごく大変ですが、最近の大雨、台風、地震の頻度をみてると想定しておかないといけませんねえ。備あれば憂いなし。転ばぬ先の杖。とは言うものの災害は忘れた頃にやってくる。難しいですねえ。
HAL2001
2020年06月03日 13:24
避難所のコロナ対応では避難の分散化(友人宅、親戚の家)も有効だと言われてます。
「自分の命は自分で守る」ですね。
縄文人
2020年06月03日 21:48
☆ハル様☆
いただいた情報で記事を書かせていただきました。
ありがとうございます。
創意工夫のあるダンボールブースですねえ。
頼れる親戚、友人のとこに避難できれば心強いですねえ。

2020年06月06日 06:43
ここまできたら もう意地でも負けない 人間の図太さ 見せてやる