ツバメちゃんの巻

おはようございます!

縄文人です



今年もツバメが子育てにやってきました

画像


6羽の子供が大分大きくなり

巣立ち間際な感じです



東南アジアからはるばる飛んできてるみたいです


まずは巣をつくるのですが

田んぼの土で前年の巣をリフォームします

最近は田植えが遅いので

新築する土が手に入りにくいみたいです


親ツバメは夫婦でセッセと餌を運びます

やせ細り羽根がボロボロになります

涙ぐるしい感じで頑張ります

それにしても6羽もいてうまく順番に餌をやれるものだなあ


大きくなると

子供たちはある日突然飛び立っていきます


中にはなかなか飛ばない子がいて親がついて

いて巣立ちを促している時もあります


最近、家族の殺人事件が立て続けに起こっていますねえ

あと引きこもりも問題になっています


ツバメは全力で子育てし

惜しげもなく子供を巣立ちさせます


動物って本来こうあるべきなんでしょうね


この記事へのコメント

HAL2001
2019年06月10日 13:32
ツバメの巣は田舎の実家の軒先で良く見かけてました。
子離れ、親離れ、難しい命題ですね。両親が亡くなった今でも、親離れが出来ていない気がします。
2019年06月12日 22:38
☆ハル様☆
ツバメは子供が成長すると
惜しげもなく巣立ちさせます
子育てをし続けていたら親ツバメも身体が持たない感じにも見えます
しかし命がけの子育ては人も見習うべきと思ってしまいます
2019年06月13日 19:39
父の田舎では普通に家の中で巣を作らせてましたね。ツバメは嫌な気にはなりませんね。害虫を駆除してくれますからねえ、。あ、そうそう!「貝汁」で有名な「みちしお」でもトイレに沢山の巣が出来てましたよ。
2019年06月13日 20:58
☆ハギー様☆
ツバメの巣の下はフンだらけになるので
お世話は大変です
お掃除担当の方が新聞紙を引いています
以前はダニがいるからと巣を落としていたそうです
ある方が
はるばる南の島から飛んできたのだから
お世話しちゃると言われて毎年飛んでくるようになったそうです
僕は毎日見るのが楽しみでした^^

この記事へのトラックバック