建築研究会

昨日は月に一度の建築研究会でした。


設計事務所の時の先輩と

食事をしながら建築のお話をします。



やはり熊本地震のことでもちきりでした。

新耐震の建物が倒壊したのはショックでした。

そして庁舎が被害を受け防災拠点として機能しなくなったことも大きな課題です。

構造関係の建築基準の見直しは必至でしょう。

これからの変化を注視していきたいとおもいます。


先輩とは日経アーキテクチャーと新建築の研究もしています。

交換雑誌です♪


とにかく変化の速い建築業界となっています。

設計・施工ではBIMの導入が新たな展開を見せそうです。


画像



画像
画像
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 7

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

HAL2001
2016年05月29日 11:31
雑誌交換でコメント書き、飲み会で話題に。インプットとアウトプットの好ましい関係。
コメント書きは縄文人さんの発案。対面会話は刺激的。福はるの大将とは社会と政治の話で花が咲く。次回が楽しみ。
2016年05月29日 22:36
☆ハル様☆
一杯やりながらですが建築の話、リラックスして語り合えるのはいいですねえ。
大将は時事問題にお強いのでそのあたりの話も聞けます。
お料理はその日の気分でおまかせできるのは大将が友達故。
リーズナブルな値段ですが気分はリッチです。
こちらこそ次回もよろしくお願いいたします^^
2016年05月30日 10:22
真面目! 拍手!
2016年05月30日 17:50
こんばんは。
地震ってすごい力ですよね。
自然のパワーというものは
本当に驚異ですね。

福はるさん♪のお料理食べた~い^^
2016年05月30日 21:37
“いつもの”「福はる」さんでの研究会。
楽しくて有意義な時間ですねぇ。

熊本が元の姿に戻るのに
いったいどれ位時間が掛かるのか分かりませんが、
一日も早く元通りに成って欲しいです。
2016年05月30日 21:38
前回のコメントで
縄文人さんの「さん」が抜けていました。
本当に失礼いたしました。
2016年05月30日 22:47
☆セイジ様☆
あっあっありがとうございます^^
2016年05月30日 22:49
☆なつ猫様☆
こんばんは。
今回の熊本地震はこれまでにないパターンです。
でも日本中、活断層がありますから同じことが起きる可能性があります。

福はる 京都料理の修行をされた大将です。
2016年05月30日 22:51
☆ゴクウ様☆
ええっ!気にしないでください!
一杯やりながらの建築談義楽しいです。
大将もいい方で世界情勢とか政治について教えてもらっています^^
2016年05月31日 13:41
美味しそうなお料理で1杯・・・・・。良いですね。私は以前毎晩家ですが晩酌するのだけが楽しみだったのですが、今は24時間勤務があり、夜勤を含めると月の半分以上は家で晩酌出来ません!かなりキツイです!しかし震度7クラスが連続して起きると耐震の基準はもっともっと厳しくしなければならないですよね。でも7クラスの地震が連続して起きるってかなり珍しい現象ですよね。そこに耐震基準を合わせるとコストがかなりかかりそうで難しい課題ですね。
2016年05月31日 22:14
☆ハギー様☆
ビールとお刺身、超サイコー!
んんっ、晩酌、半分しかできないのですかぁあ。
それはつらいですねえ。
お察し申し上げます。

活断層で直下型の地震は日本のどこで起きてもおかしくないようです。
今の構造基準は強い余震が何度も来ることは想定されていません。
強度を相当あげなければなりませんが確かにコストが上がりますねえ。
大体構造の建設コストは3割なのでそれが上がれば最低1割は高くなると思います。
お金に糸目をつけなければ免震構造にすることになうでしょうね。
2016年06月12日 14:54
熊本の地震では新耐震の建物まで倒壊したのですか?!
テレビでは何回も、熊本城の石垣が崩れている様子が放送されていました。
日本中、どこで地震が起こっても不思議は無いので、新しい基準に適合している建物でも信頼できないとなると、どうして良いのか分かりませんね。

この記事へのトラックバック