ジャスティン・キング

アメリカのギタリスト。

ジャスティン・キングさんのライブでした。

タッピング奏法 、そして、オープンチューニング。

と言えば、押尾コータローさん。

共通項はありましたが

ジャスティンの方が抽象的で野性味がありました。

どちらが元祖か分かりませんが

ジャスティンはイケメンで情熱的な感じでした。

ギターの大好きな縄文人にとっては

嬉しい出会いでした。

サインをもらい

写真も一緒に撮っていただきました。

知る人ぞ知るマニアックなミュージシャンですね。

画像








ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

面白い
ナイス

この記事へのコメント

2015年07月22日 19:45
こんばんは。
ギターのことは、わからないですが…
すごい技術をお持ちなのはわかります^^
2015年07月22日 21:38
☆なつ猫様☆
こんばんは。
アコギでこんな演奏ができるんだと驚きました。
押尾コータローさんは具象画ならジャスティンは抽象画という感じです。
ハンサムですごく素敵な方でした。
歌も上手です。
絵もお上手で才能に溢れています。
HAL2001
2015年07月25日 19:41
すごいテクニックですね。ふとホセ・フェルシアーノという歌手を思い浮かべました。
楽器の音で自分の思いを表現する、それが聞く人にも伝わる、コミュニケーションの一つなんですね、音楽は。
2015年07月25日 20:28
⭐️ハル様⭐️
ホセ・フェルシアーノ、ユーチューブで見ましたが
アコギを叩くようにかき鳴らし情熱的ですねえ。
確かにジャスティンと共通項があるようです。
ジャスティンのギターは独特ですが
歌も抜群でバイオリンも弾くらしいです。
絵も上手で、驚くべき多彩な人です。
エネルギッシュなアーティストです。
アコギで今までにない奏法を編み出すとはビックリするし、
新しい世界を見せてくれます。
ハギー
2015年07月25日 21:39
名前は存じていましたが、まさか写真も撮っていただきサインまで頂いたとは!良かったですね。
ハギー
2015年07月25日 21:40
名前は存じていましたが、まさかサインを頂き一緒に写真を撮っていただいたとは!良かったですね!
2015年07月25日 21:41
名前は存じていましたが、まさかサインを頂き一緒に写真を撮っていただいたとは!良かったですね!
2015年07月25日 21:45
⭐️ハギー様⭐️
タッピング奏法では押尾コータローさんの方が
商業的に成功していますが
ジャスティンの方がマニアックでしたねえ。
気楽にサインくれるし喋れるし
写真もとって頂きました。
絵の方もかなりの腕前だし歌も歌いますから、
計り知れないアーティスト性を感じました。

この記事へのトラックバック