オヤジのボヤキ帳

アクセスカウンタ

zoom RSS 囲碁ガリ勉君

<<   作成日時 : 2018/05/06 07:05   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 10

こんにちは

縄文人です

楽しいゴールデンウィークも残すとこ1日

今回、のんびりさせていただきました

前半は実家に帰省

後半はほぼお家で囲碁の勉強をしていました


囲碁の方は不調でなかなか勝てなかったのですが

今日久々に会心の出来の碁が打てました

朝から

ルーティンと言える勉強をして

ネット対局に望んだらよい結果が出ました

画像


1.詰碁100問
2.手筋10問
3.ヨセ50問
4.詰碁応用問題3問
5.棋理の本
6.基本死活を並べる
7.棋譜並べ

画像



とガリ勉しました



そしてネット対局


棋譜再生


白番中押し勝ち



ここんとこ

縄文人は毎日ネット碁を打っていました

1時間半くらい勉強してヘトヘトで一局

なぜかスランプに陥ってしまいました

そして豆腐の角先生から週2,3局にしておくよう指導されたのでした

理由は疲れて打つとだれたフォームがクセになり弱くなってしまうとのことでした



これって

オーバートレーニング症候群ってものだったかも

筋トレとかで過度に練習し休まないと

筋肉はかえっておちてしまう

心身の調子が落ち不眠や高血圧になってしまうことも




それで普段の対局は控えていました

でも相変わらず調子が上がらないままでした

対局の前には必ず問題を解いたりしていたのですが

なぜかそれをしなくなっていました

練習して対局するというリズムが崩れてしまっていたのです

対局はしないにしても練習は必要でした

囲碁とは技を知るというのもありますが感覚を磨くというのが大切です

そんな格闘技的な側面があるのが分かっています



実は高校制時代、縄文人はガリ勉でした

便所の中でもやるぐらいでした

その頃、4当5楽と言われていまして

5時間寝ると受験に落ちる、4時間睡眠で頑張らないと通らないというのがありました

まじで実行していました



ほとんどスポ根アニメの世界でしたねえ

画像


大好きだったのは「巨人の星」

主人公の星飛雄馬は豪速球投手ですが

それも研究されて通用しなくなる

すると恐ろしく涙ぐましい努力をして

これまでにない変化球を編み出し不死鳥のように蘇るというものでした


何かこのイメージが植え付けられています


だから必死のガリ勉しないとダメだというので

極限状態まで自分を追い込むって感じだったのです


※その分高校時代のお友達がほとんどいないという暗い時期でした





今はメンタル理論とかいろいろあって

適度の休息を心身とも入れて疲労がない状態で短時間に効率のよい練習をするように変わってしまっています




そのやり方の要領がなかなかつかめませんねえ

LPレコードからCDに変わった位の大変化です



整理しますと

1.練習はしっかり毎日やる

2.でも体や疲れが溜まっていたり仕事が忙しい時はあっさり休む

3.対局は無理して毎日やらない。時間の余裕があるお休みの日にやる

4.負けたら次の対局はしばらく控える。しっかり反省し練習もして次の対局に臨む

となります






こういうの自己管理っていうのですか

うまくいくかなあ^^

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。
熱中できるものがあるのは
とてもステキなことですねぇ(^^)
私も何か探してみようかなぁ。
なつ猫
2018/05/06 22:46
むー 難しそう 
seizi05
2018/05/07 07:05
実は私はガリ勉というのをこれまでしたことがありません。本当にありません。なので、社会人になってものすごく苦労しました。仕事というのは極限まで無理をすることを強いるところなのですよね。朝早くから夜遅くまでの仕事、それが当然。
ガリ勉というのは勉強の効果を上げるのにはあまり効率的だとは私は思っていませんが、高校時代に我慢して机についていた人は日本の勤労社会ではなじみやすいのではと思います。
かおるこ
2018/05/07 19:37
囲碁も勝負の世界だから大変そう。テレビで見た中国の囲碁英才教育は対局費を負けた方が払い(1700円)変な負け方をしたら立たせられる、それは子供の頃から。
60人位がトップクラスだから、その中での競争もある。世界は厳しい。
HAL2001
2018/05/08 11:52
☆なつ猫様☆
こんばんは
囲碁は対局も面白いけど
囲碁の好きな人同士でコミュニケーション取れるのも
よいです
人生を豊かにしてくれますねえ

縄文人
2018/05/08 20:18
☆セイジ様☆
強くなるほど分からなくなるのが
囲碁です
全てのセオリーは出尽くしていると思いますが
上達なかなかしないです

縄文人
2018/05/08 20:20
☆かおるこ様☆
高校でガリ勉
設計事務所もガリ勉みたいなもの
最近メリハリが大切なことに気づきました
今頃!
縄文人
2018/05/08 20:23
☆ハル様☆
中国、韓国の囲碁の英才教育はすさまじいようですねえ
脱落すると大変らしいですが
僕は楽しめればよいと思っています
でも〜強くならないとより楽しめないのです
楽のできない趣味を持ったものです^^
縄文人
2018/05/08 20:25
私たちの時代は「根性」でしたよね。その当時は普通に納得して頑張っていましたが、今は考え方が変わって・・・自分が楽しく生きれれば、それで良し。ですね。十分昔は頑張ってきましたし、もう無理はいけませんよ!体を壊します。残りの人生は楽しみましょう。
ハギー
2018/05/11 21:16
☆ハギー様☆
部活では水を飲んではいけない・・・
あれは何だったんでしょうか
それにうさぎ跳び・・・
今はひざを痛めるのでやってはいけない
現代は楽しみながらやることが上達の方法
おいおい、俺たちのスポ根精神は何だったのか^^
アスリートの人は試合前に好きな音楽を♪
リラックス^^
でも最近は日本選手もすごいからその理論の方がよいのは確か
それにしても40代半ばまではど根性ガエルでした
今はスヌーピー流の生き方^^
縄文人
2018/05/12 01:12

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
囲碁ガリ勉君 オヤジのボヤキ帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる