オヤジのボヤキ帳

アクセスカウンタ

zoom RSS ビートルズの映画

<<   作成日時 : 2016/09/25 22:02   >>

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 6

映画 エイトデイズウィークを観ました。

画像



1962年デビューしてから1966年のバンド活動の様子でした。

とにかく社会現象ともいえる人気ですごかったです。







画像



女の子が絶叫、失神場面に驚きました。

ビートルズはロックも変えたし社会にも大きく影響したんですね。




1967年から1970年は音楽製作に専念しアーティスト活動。

すばらしい作品を生み出します。



すごい人気に甘んじずレコーディングを追及したところが

すごく偉いなあと思いました。


日本武道館でもコンサートをやっています。

画像








画像



変顔してます(^^)







画像


アニメもあった。









アーティストへの変遷

画像
画像
画像







テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
この映画・・・かなり評判良いみたいですね!私も見たいですよ。ブートレグ中毒のせいで「マジカル・・」とか「レット・イット・ビー」のアウトテイク(編集で使われなかった映像)見たい!しかし映画館の大きなサイズの映像での鑑賞・・・良いですよね。
ハギー(出発前)
2016/09/26 08:17
映像も音響もすごくよかったですよ。
ジョージ・マーティンの一番好きなアルバムはラバーソウルと聞いています。バンドとして最も素晴らしい時期だったらしいです。それにしても女の子にあんなにキャーキャー言われても道を踏み外さないのが4人の偉いとこです。真摯に音楽を追及していきました。バンドはジョンがリーダーだったけどサージェントからポールが仕切りだす。船頭が二人で舟、山に登る。
それにしても4人は危険にさらされていたのを映画で実感。よくぞ生き延びました。
縄文人
2016/09/26 16:50
1960年〜 ビートルズ時代大騒ぎでしたね。
その頃はやかましいと思ってましたが、今になってビートルズの作曲 歌唱 など
素晴らしいと思いますね。

こちらには、ノンシアター、残念ながら見ることが出来ません。(;_;)
yoshi
2016/09/26 17:29
☆よし様☆
父はビートルズは不良の代名詞のように言ってましたから、その音楽を聴きはまったとき、かなり罪悪感を持ちました。しかし、今では学校の教科書にも楽曲はのって、ロックの古典となりました。彼らは才能にも恵まれていましたが、すごく努力もしたと思います。しかし、メンバー同士が切磋琢磨して苦労は感じさせません。
縄文人
2016/09/26 22:34
ビートルズのアニメ映画イエローサブマリンでは12曲ほどビートルズの曲が流れ、サイケ調の画面と共に楽しめます。このアニメはとても綺麗です。ビートルズ、今ほどメディアが盛んでなく、露出も少ない時代、コンサート等で生のアイドルを間近に見れる事は、絶叫や失神以外、何物でもないと思います。あの心境何となくわかるなぁ。
HAL2001
2016/09/29 10:41
⭐ハル様⭐
イエローサブマリンはシーディーは持っていますがアニメは見たことないです。
アニメになる程の人気といううのもすごいですね。
想像をはるかに超えたファンの熱狂にはびっくりしました。
まさに社会現象、ロック?ルックス?発言?時代が求めていたものでもあったのでしょうね。
縄文人
2016/09/30 09:36

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ビートルズの映画 オヤジのボヤキ帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる